色打掛で周りを魅了|ネットでお得なラクラクレンタルプラン

女性

伝統的な日本の装束

女性

最近では、多くの方が利用するようになったレンタルのウェディング衣装がありますが、近年では和装なども多くの方が利用するようになりました。
色打掛の場合は昔からある女性の衣装で、室町時代などから着用されるようになったものです。
近年では普段着として利用する事はありませんが、昔は武家の女性が普段から着用していたものです。羽織として上から羽織るというような感じで長い裾を引きずりながら歩きます。
模様などは主に縁起の良い柄が多く、鶴亀や鳳凰、松竹梅などのような絵柄が多いです。
これは現代の色打掛などにも言えることで、多くの着物に吉祥柄が描かれています。
着物の技法も難しい技術を多く取り入れており、金糸や銀糸での刺繍や織や染を両方使っているので日本の伝統工芸の技術を惜しみなく使用しています。
色打掛は色合いなどもかなり鮮やかな色をふんだんに使用しており、華やかな印象です。
袖も留め袖などとは違い長く仕立てられていて、華やかさを演出しています。
近年では、レンタルなどでも気軽に利用することが出来るという点からも人気のある衣装とされていて、普段はなかなか着用することのない衣装を着用することが出来るようになっているのでレンタルする際にはレンタルできる業者を探してみましょう。
高いものであるため、レンタルなどでも少々高い傾向にありますが、ネットレンタルでは安く利用することができる場合もあります。ネットなどでも安いレンタルはないか、比較して探してみると最適な業者を見つけることができます。